趣味嗜好など、日々の雑記

今週も出張

先週金沢から帰ってきたと思ったら、月曜日にクライアントから箱根出張のお達し。
旅が出来るのは良いけれど、続くと少々・・・。
ホテル暮らしも連続となると結構疲れるもの。
やはり自宅の寝床が一番落ち着くか?

水曜日、朝7時に臨職と待ち合わせ、一路箱根へと東名高速を進む。
暇だひまだと周りの愚痴を裏付けるように、東名高速はガラガラ。
心配していた厚木近辺の渋滞も無く、すんなり御殿場ICに。

クライアントとの待ち合わせ時間には1時間も有ったので、乙女峠の茶屋で休憩。
目の前には富士山が見える絶景。
しかも、この日は笠雲がかかる姿を初めてこの目で見た。

富士笠雲01

すかさずiPhoneでパシャリ!
自販機でお茶を買い、腰を下ろして絶景を眺めていると、茶屋の従業員だろう、「まだ開店していないから出て行け」とのご一報。
観光客相手に商売してるのだから、もう少し言い方が有るだろうと若干プツリ!
前回訪れた時は、不味い蕎麦を注文したが、今回の一件で二度と立ち寄る事は無いだろう。

一泊での現場だったが、幸い天気にもなんとか恵まれ、予定より早く帰社できた。
しかし、なんだか疲れていたので、本日は定時前に退社。
ま、こんな日も有って良いでしょ。
スポンサーサイト

タグ:つぶやき 写真 自然 怒り

楽しい時間は早い

今日の午後からイベントの撤収作業を終え、東京に戻る。
明日からはまた何時もの生活リズムになると思うと少々気が滅入る。

昨日は丸一日オフだったので、朝から車(トラック)を走らせ目的地に向かった。
最初の目的地は「苔の里」

苔が群生している一般の民家の庭先を、観光客などに解放しているらしい。
(スマホを車に忘れたため画像は後日アップ予定)
色々な種類の苔が庭を覆い尽くしていて心和んだ。
以前訪れた松島の円通院を思い出した。

次に向かったのは「手取峡谷」
ナビの指示通り車を走らせ、到着の一言に⁇ここ⁇
もっと観光地らしい場所かと思っていたが、里山の辺りにポツンと存在。
しかし、足を踏み入れて見ると圧巻!
暫く持っていたカメラを構え忘れるほどだった。



そそり立つ岩肌の間を勢いよく流れる雪解け水。
そこに流れ落ちる滝。
訪れたことはないが、まるで小さな高千穂峡にようだった。

その後、戻って来る途中の道の駅で遅めの昼食。
蕎麦を食べたが、久しぶりに美味い蕎麦に出会えた。

楽しい時間はあっという間に過ぎるもの。
苔に癒され、滝のしぶきでマイナスイオンを浴び、リフレッシュできたかな?

出張中も色々なクライアントから電話があり、遊んでいるのは私だけとちょっぴり優越感に浸っていたが、来週から溜まった案件こなさないと。
頑張ろう!

今宵の宿

イベント開催を見届け、午後からはフリータイム。
当初の計画通り、氷見へ直行。
目的である『白えび』を購入し、宅急便で自宅へ直送。

帰路から少し寄り道すれば、写真サイトなどで有名な雨晴海岸が有るので行ってみた。



この日は、気温が高かったのでだめだろうと思っていたが、案の定立山連邦は雲の中。

暫く粘ったがチェックインの時間も有るので、本日の宿泊施設の「能美市ふるさと交流研修センター さらい」へと向かった。

チェックイン後、部屋に入るとその広さと天井高に驚いた。



それに要所要所に天然の杉の木を使っているので、その香りで心落ち着く。
リフレッシュするにはもってこいの宿だ。



部屋を出るとこんな素晴らしいラウンジが有り、ゆっくりと寛ぐ事が出来る。
これで朝食付きプランで一泊¥7,344とはかなりお得。

九谷焼の里らしく洗面器が九谷焼(たぶん)だったのには驚き。

さらい_九谷焼01

おまけに照明の傘も九谷焼き?

さらい_九谷焼02

おそらく、朝食で使われていた食器も全て九谷焼だろう。
もいっちょ!大浴場の壁画も九谷焼!

館内にの至る所に九谷焼の逸品が展示されていて、まるで美術館のようだった。
しかも、部屋数が8部屋しかないので、なんだか個人の別荘に来ている感覚。
公共交通機関での利用は少々難有りかもしれないが、周りを田んぼに囲まれた環境は心癒される。
夜になるとカエルの合唱が子守唄(笑
都会の雑踏に嫌気がさしたら、リフレッシュのするにはかなりオススメの宿!
来年もここに泊まろうかと今から考え中。

Newest